top

 

 スポンサードリンク

壱六家 関内店


















評価
訪問日 2009年2月26日(木)
ジャンル ラーメン
公式HP http://www.ichirokuya.co.jp/

関内はラーメン二郎が続いているので、たまには趣向を変えて「壱六家」に行ってみました。
とはいえ、ラーメン屋であることには変わりはありませんが(笑)。

以前訪れた時は期間限定メニューの味噌ラーメンを食べました(けっこうイケました)が、今回はひそかに“壱六家名物”と思っている塩ラーメンをオーダーしました。

塩ラーメン(壱六家 関内店)
壱六家の塩ラーメンは、塩ラーメンなのにもかかわらずこってり濃厚なのがお気に入りの理由です。
もともと大船店で食べたのが最初で、一発でハマりました。

そんなわけで関内店の塩ラーメンにも期待したのですが...写真でもなんとなくわかりますが、やや味気ない感じです。
とはいえアッサリしているわけでもなく、やや中途半端という印象です。

しかたなくテーブルの調味料でいろいろとアレンジしましたが、最終的には豆板醤を入れてなんとかなりました。
ということは、味気なさはおそらく注文時に「味濃いめ」にすれば解決すると思います。

麺のゆで具合もやややわらかい気がしましたので、壱六家 関内店で塩ラーメンを頼む際には“麺固め、味濃いめ”が良さそうです。

ちょっと残念だったので、今回は星2つです。  


ラーメン二郎 横浜関内店


















評価
訪問日 2009年2月23日(月)
ジャンル ラーメン
公式HP

約3週間ぶりで、ラーメン二郎に参上です。
今回は「小野菜増し辛めニンニク少し」にしました。

小野菜増し辛めニンニク少し
いつもは野菜をマシマシにするのですが、今回は増しにとどめておきました。
なぜ量を減らしたのかというと、ラーメンを作っていたのがいつもは助手をやっているイケメン風の若いお兄さんだったからです。

彼がラーメンを作っているのを、初めて見ました。
で、もし味がいまひとつで食べきれなかったらイヤだなと考えて、量を控え目にしてみたわけです。

結果的には、スープの味が最近のトレンドよりも少し濃い目でした。
これなら辛めにする必要はなかったな、と思うほどです。

でも、それ以外は特に問題はありませんでした。
とはいえ、最期はちょっとスープが飲みづらかったので、星は3つにしておきます。

ラーメン二郎 横浜関内店
スープの味が濃い目だったのが作り手の違いによるものなのか単なるブレの範疇なのかは、今回だけではわかりません。
また機会があれば、検証してみようと思います。

あ、でもニンニクの量は盛りつける人によって結構ブレますね(笑)。  


ラーメン二郎 横浜関内店


















評価
訪問日 2009年2月2日(月)
ジャンル ラーメン
公式HP

ここのところどういうわけか続いてしまっている、ラーメン二郎 横浜関内店です(笑)。

ラーメン二郎 横浜関内店
今日は昼の部(11:00~14:30頃)に行きました。
到着は13時頃でしたが、相変わらずの繁盛ぶりです。

ただ、夜の部に比べたら10人程度は少ないという印象ですね。
そんなわけで並んでいた時間は、20分程度でしょうか。


今回は、「小野菜マシマシ辛めニンニク」をオーダーしました。

ここのところなぜか薄味気味なことが多い二郎関内店でしたが、今日はバッチリ!
辛めらしいクッキリした味で、おいしくいただくことができました。

ちなみに味がクッキリしたのは、別にいつも少なめにしているニンニクを普通にしたから、というわけではないことをつけ加えておきます。


今日は野菜の盛りもしっかり“マシマシ”していて、満足です。
でも星4つなのは、やっぱり三田本店にはかなわないから、かな(笑)。

ともあれ、おいしかったです!
ごちそうさまでした。  


SUBWAY クイーンズスクエア横浜店


















評価
訪問日 2009年2月1日(日)
ジャンル ファーストフード
公式HP http://www.subway.co.jp/

サブウェイ クイーンズスクエア横浜店
みなとみらいクイーンズスクエアの「Q’s Dinner」内にあるSUBWAY クイーンズスクエア横浜店に行きました。

「Q’s Dinner」には、他にも写真にあるマクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、そしてアメリカンなメニュー盛りだくさんのアメリカン・ハウスがあります。
独立したレストランであるアメリカン・ハウス以外はフードコートになっているのですが、一席一席が狭いのが難点ですね。


さて、サブウェイのサンドイッチを食べるのは久しぶりです。
一時期に比べると、店舗数も減りましたしね...。

今日オーダーしたのは、「チリビーンズ&チーズサンド」とスープセットの「季節のスープ オニオンスープ」でした。
チリビーンズ&チーズサンドとオニオンスープ
チリビーンズ&チーズサンドは、レギュラーメニューにはないメニューでした。
期間限定か、もしくは地域限定メニューなのでしょう。

なんて、実はテストメニューだったりして(笑)。

チリビーンズが薄味で、正直言って“チリ度”が物足りません。
チーズを加えてあたためて溶かしてもらったのに、味は全般的にあっさりしていました。

ちなみに、サブウェイのサンドイッチはパンをあたためるとその後挟む野菜の冷たさとマッチしないため、あまりお勧めできないかもしれませんね。

そしてスープは季節のスープとして、ポタージュとオニオンスープからお好みを選べました。
オニオンスープを選んだのですが、こちらはまあまあでした。

ただ、カップが表面ツルツルのプラスチック製で、持った際に滑って落としそうになりました。

これはいただけません。
表面をザラザラに加工するか、滑らないよう凹凸をつけるべきです。

詰めが甘いですね...。


久しぶりに食べたSUBWAYのサンドイッチは、全体的に味気ない印象でした。
ヘルシーさに重点を置いているためなのかもしれませんが、なんというか味的に中途半端な印象は免れません。

カップの詰めの甘さも含め、このままだと規模は縮小する一方のようにも思えます。  


介一家 本店(山手)


















評価
訪問日 2009年1月27日(火)
ジャンル ラーメン
公式HP

介一家 本店(山手駅前)
今回は家系ラーメンの中では老舗に入る介一家、その総本山とも言える本店(山手駅前)に行ってきました。

ここは1988年開店らしいのですが、たしかに10年ほど前から足を運んでいた記憶があります。
その当時めぼしい家系ラーメン店はだいたい廻ったのですが、その中でも介一家は美味しかった店でした。

時代は流れて約10年後...介一家はいつの間にか複数の支店を持つまでになりました。
ですから、元々それだけ人気があったということなのでしょう。

はたして今はというと...まず、ラーメンはこんな感じです。

ラーメン 油多め
今回は、最近の自分のスタンダードとなりつつある「ラーメン油多め」です。
スープが透きとおって見えますが、これは単に油が浮いているからですね(笑)。

以前は美味しかったこのスタンダードな「ラーメン」ですが、実を言うと残念ながら今はさほどおいしいと感じません。
食べ進むほどにスープにしつこさを感じて、飽きてしまいます。

これは決して、油を増量しているからというわけではありません。
なんというか、味に深みや味わいがないのです。

「油多め」にしているのは、なんとか風味を良くしようという苦肉の策なわけです。


また、介一家はノーマルなラーメン以外にも今ではメニューが増えています。
そのひとつが、このドラゴンラーメンです。

介一家 ドラゴンラーメン
これは、いわゆる家系風オロチョンラーメンです。
スープに唐辛子が入ります。

辛さは入門編~死闘編(だったなか?)までたしか5~6段階ありますが、3段階目くらいまでは普通の人でもなんとかいけると思います。
ちなみに写真は、もっとも辛さが少ない「入門編」です。

味の方は、いわゆる普通のラーメンが辛くなった、というニュアンスです。
ただし、テーブルにある豆板醤を入れたものとはまたちょっと風味が違います。


ともあれ、10年近く前に比べると味が落ちたと言わざるを得ません。
ただし、これは介一家に限ったことではなく、当時の家系の人気店は軒並み同様の状況に陥っている気がします。

元ファンとしては、複雑な心境です。

ごちそうさまでした。  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら